イラストを描こう - 漫画絵萌え絵の描き方講座
絵の描く時の考え方や、絵が描きやすくなるための練習の方法について紹介しています。イラストについては漫画絵でキャラクターデザインなどが中心です。デジタル漫画原稿の作り方についても解説しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


ブログランキング参加中です。もしよろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 イラストブログへ FC2ブログランキング PVランキング

線画の取り込み

 この章ではPhotoshop7.0を使って原画に色を塗る過程について解説します。どこかで習ったとかではなくあくまで自己流な手順なんですが、参考にしていただければ幸いです。

原寸大原画 まずはスキャナーを使ってモノクロで原画を取り込みます。解像度はモノクロの場合は600dpiでやってますが、カラーだと重いので中途半端ですが400dpiでやっています(加工中の画像はでかいです。左の画像をクリックすると原寸大の原画が表示されます。)。
塗りが完成したら解像度を下げて適当な大きさに切り取ります。


処理前の原画 トーンカーブ処理前はこんな感じ。全体に灰色がかって線もはっきりしていません。


トーンカーブの起動 下地を白くして線を濃くさせるためにツールバーから「イメージ → 色調補正 → トーンカーブ」を起動します。


トーンカーブのフレーム するとこんなのが起動するばずです。


下地を白くする
 灰色がかった下地を白くするために、トーンカーブの左下の点を図のようにマウスでドラッグします。

線を濃くする
 今度は線を濃くするために、トーンカーブの右上の点を図のようにマウスでドラッグします。私はだいたいこれくらいの濃さでやっています。塗っている途中で再調整しても良いです。

もっと線を濃くする
 線の濃さはお好みで調整してください。濃くしてみた例です。

トーンカーブ処理後 処理後下地は白くなり、線もはっきりしてきました。


ゴミを取り除く 拡大してみて汚なかったり、ゴミがあった場合には「エアブラシ」等で消します。


ゴミの取り除き後 ゴミを取ってきれいになりました。


モードをRGBカラーに変換 ツールバーから「イメージ → モード → RGBカラー」をクリックして画像をRGBモードに変換して下準備完了です。

スポンサード リンク


ブログランキング参加中です。もしよろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 イラストブログへ FC2ブログランキング PVランキング
  Copyright (C) 2014 イラストを描こう - 漫画絵萌絵の描き方講座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。