イラストを描こう - 漫画絵萌え絵の描き方講座
絵の描く時の考え方や、絵が描きやすくなるための練習の方法について紹介しています。イラストについては漫画絵でキャラクターデザインなどが中心です。デジタル漫画原稿の作り方についても解説しています。

絵を逆さにして模写する

 右脳を活性化するトレーニングとして次は「絵を逆さにして模写する」です。聞いただけだと実に馬鹿馬鹿しく感じると思われますが、特に絵を模写したいと思う場合にはかなり役に立つトレーニングです。

用意するものとセッティング

 今回も特殊なものは必要ありません。一覧をあげます。

 ・模写するための絵(線画が良い、漫画で可)
 ・鉛筆(シャープペンでも良い)
 ・紙(コピー用紙みたいな安い紙で良い)
 ・静かで一定時間誰にも邪魔されない場所

 以上の物を用意して机に座って深呼吸したら準備完了です。

絵を逆さにして模写するやり方

 基本的には「模写」ですが、考え方やコンセプトが異なります。手順は以下のようにやります。

やり方1

模写するための絵を上下逆さまにして置いて見る。その時に絵を「単なる線のカタマリ」としてとらえるように頭の中をカラッポにする。

模写する絵を逆さにする

やり方2

その「線のカタマリ」の中のどこでもいいから好きなところから紙に写し始める。今回は純粋輪郭描法と違って手元の紙と絵を見比べて描く。そして「線の長さ、角度、どうつながっているかなど、まさに「線のカタマリ」として忠実に再現するように努める。

線の長さ、角度などを忠実に模写する

やり方3

時間に制限はなく、忠実に最後まで線を再現していく。

 描き終わった紙を上下逆さまにしてみるとびっくり!普通に模写するよりもうまく描けていると思います。これはお手本の絵を逆さにすることでそこに描かれた物の先入観を断ち、形状を忠実に再現するように集中できたからです。このトレーニングも短い時間でいいんで毎日続けることにより形状を正確に再現する力がつき、右脳の活性化にもつながります。慣れれば上下逆さまにしなくても同じ考え方ができるようになり、絵を描く際の大きな武器になります。

スポンサード リンク


ブログランキング参加中です。もしよろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 イラストブログへ FC2ブログランキング PVランキング
  Copyright (C) 2014 イラストを描こう - 漫画絵萌絵の描き方講座