イラストを描こう - 漫画絵萌え絵の描き方講座
絵の描く時の考え方や、絵が描きやすくなるための練習の方法について紹介しています。イラストについては漫画絵でキャラクターデザインなどが中心です。デジタル漫画原稿の作り方についても解説しています。

絵を描くのには右脳を使う

「絵を描くのには右脳を使う」とはよく聞く話ですが、人間には切り替えスイッチがあるわけではありません。しかし、今までこういった経験はないでしょうか?

 ・絵を描くのが好きな人は絵を描くと楽しい気持ちになったり、リラックスできる
 ・絵を描くのが嫌いな人は絵を描くとイライラしたり、気持ち悪くなったりする

こういった現象は左脳と右脳の駆け引きにより引き起こされると考えられています。

理性的に束縛する左脳と直感的で自由な右脳

 一般的には左脳は計算や言語を、右脳では空間や音楽などの認知に優れていると言われており、それらがそれぞれの役割分担をして協力し合って日常生活をしています。普通に生活をしていたり、仕事をしていたり、学生さんなら勉強をしていたりすると脳の使用も左脳寄りになり、基本的に人間は左脳優先と言われていますし、右ききの人の方が圧倒的に多いです。そんあ左脳と右脳ですが、絵を描くのが好きな人と嫌いな人の脳内では絵を描いたときに何が起こっているのでしょうか?

絵を描くのが好きな人の脳内

 絵を描き始めると右脳の活動が活発になり、左脳の束縛から解放されるためにリラックスできる。描き続けることでさらに右脳が活性化し、脳内麻薬の分泌により楽しくなる。

絵を描くのが嫌いな人の脳内

 絵を描き始めると右脳の活動が活発になろうとするが、左脳が制限をかけようとする。その結果描き続けても右脳の活性化が抑制され、脳が疲労してしまう。

 このようなことが起こっていると考えられています。では、左脳優位な右ききの人は絵を描くのが苦手かというとそうとも限りません。要は右脳の能力をひきだすことができればいいわけで、それはトレーニングにより習得することができます。まずはそのトレーニング方法を紹介したいと思います。

スポンサード リンク


ブログランキング参加中です。もしよろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 イラストブログへ FC2ブログランキング PVランキング
  Copyright (C) 2014 イラストを描こう - 漫画絵萌絵の描き方講座