イラストを描こう - 漫画絵萌え絵の描き方講座
絵の描く時の考え方や、絵が描きやすくなるための練習の方法について紹介しています。イラストについては漫画絵でキャラクターデザインなどが中心です。デジタル漫画原稿の作り方についても解説しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサード リンク


ブログランキング参加中です。もしよろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 イラストブログへ FC2ブログランキング PVランキング

デジタル原稿の描き方、つけペンの練習

 つけペンの練習についてですが、その前にペンで描くにはインクと紙が必要なんで、まずはそれについて少し触れます。

◆インクの種類


①PILOT 製図用インク
 最もポピュラーなインク。つけペンの溝の通りが良く、引く線もよく伸びます。乾くのが少し遅く、水が付くとすごくにじむので注意。とりあえずこれがあればなんとかなります。
パイロット製図用インク 製図用 30ml

②PILOT 証券用インク
 水溶性ですが一度乾くと耐水性になる、ちょっと特殊なインク。耐水性が必要な場合はどうぞ。

③漫画用インク
 いろんな会社から出ています。あまり使うことは無いですが、濃くて乾きやすく、Gペンに適している印象があります。耐水性も少しあるようです。

④墨汁
 書道につかう例のやつです。薄くてにじみやすいので扱いはかなり難しいですが、うまく使いこなせれば味わいが出ます。

◆原稿用紙の種類


 厚めの上質紙に薄い水色の線で枠線が引いてあります。これもいろんな会社が出しており、厚さ、表面の粗さ、インクのにじみ具合、耐久性などかなり違いがあります。なので自分が良く使うペン先とインクに合った原稿用紙を選ぶ必要があります。ちなみに私が良く使っているのは以下のものです。
【アイシー】 マンガ原稿用紙 IM-35B B4
【アイシー】 マンガ原稿用紙 IM-35A A4

 デジタル原稿用に使うのはB4でもA4でもいいですが、一般的なスキャナーはA4で、それ以上の大きさになると急に高価になります。なのでデジタル原稿ではA4が使われる場合が多いようです。クオリティーの高さを求めるならB4を使います。

◆つけペンの練習


Ⅰ.アミカケをやってみる
アミカケ例
 とりあえず線を引く練習をしてみるのに良いし、画面の効果として用いたり、新しいペン先を慣らす時にもやります。①~④の順に、1カケ、2カケ、3カケ、4カケとなっており、線が交差する回数が増えています。3カケが最もセンスを必要とするので、3カケを多く練習するのが良いでしょう。

Ⅱ.ペン画を模写してみる
ペン画例、木と椅子
 ※クリックすると別窓で開きます
ペン画例、風景
 ※クリックすると別窓で開きます

 ペン画の技法関連の本を買ってきて、模写してみるのも練習に良いです。線の一本一本まで再現するのは無理なんで、大雑把な鉛筆の下描きの上にペンの勢いを大事にしてさっと描きます。


Ⅲ.下描きにペンを入れてみる
 ペンの扱いに慣れてきたら実践しましょう。
ペン入れ例1

ペン入れ例2

ペン入れ例3

ペン入れ例4
 以上はボツ漫画の一部なんですが、ペンに慣れるにはとにかく量をこなすのが一番大事です。漫画のページに換算して100ページくらい描くと慣れてくると思います。

スポンサード リンク


ブログランキング参加中です。もしよろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 イラストブログへ FC2ブログランキング PVランキング
  Copyright (C) 2014 イラストを描こう - 漫画絵萌絵の描き方講座
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。