イラストを描こう - 漫画絵萌え絵の描き方講座
絵の描く時の考え方や、絵が描きやすくなるための練習の方法について紹介しています。イラストについては漫画絵でキャラクターデザインなどが中心です。デジタル漫画原稿の作り方についても解説しています。

バイク描きのススメ

 バイクを描くのが好きな作家さんは絵の上達が早い!と自分で勝手に思っているんで、私もたまにはバイクを描きます。バイクを描くとどんなメリットがあるのか考えてみました。

①描く資料になるバイク雑誌はスポンサーが豊富なため、安い(300~400円)。紙面では様々な角度、細部、人が乗った場合、多くの機種が掲載されている。ライダーの装備品もカッコいい。また背景資料としても良い。

②とにかく複雑なパーツがごちゃごちゃ付いているんで難易度が高い。右脳を鍛えるのにもってこい。
③パース感覚が身につけられる。車体からタイヤへの流れとか、タイヤ自体も描くのが難しい。人を乗せるともっとむずい。

 など、安く手に入ってしかもかなりのトレーニングになると思います。以下は描いてみた例です。

バイクのハンドル部 これはハンドル部。いきなり全体を描くのはツライと思うんで、一部分から練習してみるのが良いでしょう。


エンジン部 これはエンジン部。自分はバイクをいじったことが無いんで、写真だけでは構造がどうなってるか分かりません。とにかく見たまま写しとるのを数台やるとなんとなくごまかせるようです。興味がある人は実物をいじるのがベストでしょう。


真横から
 描きやすそうなのを選んで真横から全体を描いてみましょう。

スクータータイプ
 スクータータイプは複雑なエンジン部が隠れているので描くのがラクなのと、箱状になっているのでパースの理解に役立ちます。

電動バイク
 これは電動バイクだそうです。かわいらしいフォルムです。

スポンサード リンク


ブログランキング参加中です。もしよろしければクリックお願いします!
にほんブログ村 イラストブログへ FC2ブログランキング PVランキング
  Copyright (C) 2014 イラストを描こう - 漫画絵萌絵の描き方講座